これから、インフルエンザなどの感染症が流行する時季となります。学校では、多くの児童が学校生活を送っているため、感染症にかかり、治らないままその児童が登校すると、感染が拡大するおそれがあります。

 そこで、感染症にかかった場合、本校では「感染症治癒報告書」を提出していただいています。
この報告書は、
保護者の方が記入・捺印し、お子さんが登校する日に持参し、担任へ提出してください。
特別の場合を除き、
医師の診断書は必要ありません。感染症にかかってしまった場合は、本ページより「感染症治癒報告書」がダウンロードできるようになりましたので、ご記入後担任まで提出ください。
 また、今まで通り担任までご連絡を頂ければ「感染症治癒報告書」をお渡しします。

よろしくお願い致します。。

 「感染症治癒報告書」ダウンロードはこちらから←クリック


学校感染症一覧(学校保健安全法施行規則第18条) 平成24年一部改正

 学校感染症に罹患した場合は、出席停止になりますので、必ず学校へ報告してください。
インフルエンザによる出席停止期間の詳細についてはこちらをご確認下さい←クリック

第二種                                         

感染症名

出席停止の期間(改正後)

インフルエンザ

発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで

百日咳

特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで

麻疹(はしか)

解熱したあと3日を経過するまで

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

耳下腺、顎下腺又は舌下線の腫脹が発現した後、5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで

風しん

発しんが消失するまで

水痘(水ぼうそう)

すべての発しんが痂疲化するまで

咽頭結膜熱(プール熱)

主要症状が消退した後、2日を経過するまで

結核

病状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで

髄膜炎菌性髄膜炎

症状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで


第三種 ・・・ 出席停止の期間:症状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで

腸管出血性大腸菌感染症、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎等

その他の感染症:溶連菌感染症、手足口病、伝染性紅斑、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ感染症、感染性胃腸炎等